「IDEA CRAFTERs」が終了-来年に2期開催?

イラスト:犬飼さま(@inukaixx

4月30日(土)にAP制ゲーム「IDEA CRAFTERs」(イデアクラフターズ、イデクラ)の交流機能が終了、データの閲覧のみ可能な状態に移行した。

ゲーム終了とともに、各スタッフによる製作後記と、NPCアルケーの全セリフ集(立ち絵、アイコンを含む)が「おまけ」としてBOOTHで販売されている。その一部、reifierさんの「今後の展望について」では、2期の開催は「未定」としつつもかなり前向きに考えており、開催する場合は来年になるかと思うというコメントが。この部分はTwitterにも掲載されている。

「おまけ」ではreifierさんのほか3名の制作・運営メンバーのコメントを読むことができる
もくじ
  • 概要
  • 振り返り
    • 快適なプレイ環境
    • ロールフック
    • オリジナルレシピの制作
  • 関連記事

概要

「IDEA CRAFTERs」は、探索でアイテムを採集し、「レシピ」をもとにアイテムを作成したり、オリジナルのアイテムを作り出したりしながら、文明が失われて無人となった惑星の「復興」を行うゲーム。

素材となるアイテムの持つ要素を活かして特別な「効果」を持つアイテムを作ることで、「採掘」や「蒸留」といった探索や製作に係る特殊なアクションを行えるようにしたり、「雪山」や「毒沼」など奥地のエリアへ入域ができるようにしたりという行動をしながら、探索や製作の幅を広げた。

4月10日(日)から新規登録を開始。時間経過でAP制が回復するゲームだが、日記の更新と、日によっては新エリアの解放という定期更新型ゲームのような側面も持っていた。アイテムの探索や作成、受け渡し等は28日(木)の更新で終了し、最終更新後には復興者(プレイヤー)たちが製作・出品したアイテムの「展覧会」が行われた。