『百合鏡』第7期終了へ 1/20最終更新

『百合鏡』トップページのスクリーンショット(12月11日撮影)

定期更新型ネットゲーム『百合鏡』では、12月10日に行われた第58回更新で「魔界うろうろPT」と「恐怖!おばけたちのしゅうかいPT」が共闘して魔王を撃破。最終更新は2024年1月20日の予定。

『百合鏡』について

現在では、オリジナルキャラクター登録型ゲーム全般を定期更新型ゲームと指すこともあるが、『百合鏡』は今では数少なくなった狭義の定期更新型ゲーム。

プレイヤーは旅人となり、トスナ大陸や魔界を冒険する。最大5名のパーティを組むことができ、戦闘では同じ場所に滞在する他のパーティと共闘することもできる。

剣士と魔法使い(斧)の2人組「超Choco Cakes」PT。
イラスト: くらいさん @akifer_s

毎週土曜日23:00頃までに、キャラクターの移動先や修得・使用するスキル、送信するメッセージなどの次回の行動内容を登録すると、全員の行動結果がおよそ翌日に公開される。毎更新、場所に合わせて戦闘が発生し、場合によってはクエスト(ストーリー)が進行する。

『百合鏡』の特徴

『百合鏡』は、2007年に運営を開始しており、現在運営されている定期更新型ゲームの中では最も古い部類になる。画像が少なく、シンプルなテキストベースのサイトは、現在の流行とは大きく異なることは否めない。

しかし、他GM運営によるものを含めた過去の定期更新型ゲームの知見が取り入れられており、ゲームシステムは日々更新されており、過去のゲームにおける長所が取り込まれ、欠点の多くが解決している。

1週間あたり、5分もかからない「行動指定」

過去、定期更新型ゲームの謳い文句といえば「1週間あたり15分のすき間時間で遊べる」だった。ログイン時間が強さに直結するMMORPGと異なり、プレイ時間で差が付きにくいという特徴がある。

『百合鏡』では戦闘設定や攻撃対象の設定等は、変更しなければ前回の内容が引き継がれる。パーティメンバーに行き先を指定してもらえるなら、自分は移動先を「任せ」で継続することもでき、移動しなくても戦闘(=収入)が発生する。

極端な話、自分の結果画面を開き、行動指定の一番下、「送信」ボタンを2回押せば、行動指定が完了する。

プレイヤーと、NPCと。多様なパーティの組み方

『百合鏡』では最大5人PTを組むことができる。ファイナルファンタジーやドラゴンクエスト、テイルズシリーズなど、多くのRPGの冒険者と同じような光景だ。

『百合鏡』では、他のプレイヤーと一緒に冒険をしたい場合でも、1人で自己完結したい場合でも、どちらでも遊べるようなシステムになっている。

  • もともと知り合いの他のプレイヤーとパーティを組む
  • ランダムPT機能で、他のランダムPT希望者とパーティを組む
  • 3人までサブキャラを登録できるので、サブキャラを使う
  • サイト内の掲示板で仲間募集をする(第7期はこのような募集の光景は無かった)

ゲームの途中でパーティを離脱したり、合流することもできる。合流場所に制限は無く、呼びかけたキャラクターの場所に集合できる。

新規登録時にランダムPTへの加入希望をしていれば、「意気投合した」として、最初から多人数PTを組むこともできる。

交流には「スペース」という個人ごとの掲示板が割り当てられており、外部に掲示板を借りたり、メールやSNS等の連絡先を伝えなくても、パーティでの相談に使うこともできる。

(以下、『百合鏡』の特長を加筆予定!)

ゲーム情報

タイトル百合鏡(ゆりかがみ)
ジャンル定期更新型ゲーム
制作・運営Darselle
URLhttps://csyuki.sakura.ne.jp/cgi-bin/prism/index.html
登録開始日2022年9月18日(第7期)
第1回更新日2023年10月23日
更新頻度週1回(毎週土曜日23:00)
最大PT人数5名

関連記事