2021年5~7月の定期ゲよもやま話

2021年5月から7月にかけて、個別記事にしてこなかった内容を中心に記述する。

もくじ

  • 更新履歴
  • 「零錆戦線」新規登録を7月に開始、初回更新は9月
  • 「Story of Lost Artifact」シーズン7の開始
  • 「言の葉の樹の下で」2期の制作は中止
  • 「流転のグリマルシェ」2.5周年

更新履歴

  • 「七月戦役」を定期更新型ネットゲーム一覧から削除(終了した定期更新型ネットゲーム一覧へ移動)。
  • 「準備中」の欄に掲載中の「零錆戦線」(錆戦)の説明文を加筆。

「零錆戦線」新規登録を7月に開始、初回更新は9月

5月23日、霧のひとGMは、次回作「零錆戦線」(錆戦)について、登録開始と初回更新を2か月遅らせることを発表した。変更前は5月27日からキャラクター設定とメッセージのみの事前登録開始、6月17日から新規登録開始、7月7日が初回更新〆切の予定だった。

新しい日程は、

  • 7/27(火) 事前登録開始
  • 8/17(火) 新規登録開始
  • 9/07(火)21:30 初回更新〆切

の予定。

「錆戦」のベースとなった「七月戦役」は、5月17日実施の最終更新後、ラスボス《ハルの思念》を一定数倒すまで最終更新が毎日更新される(継続登録も可能)という展開になり、5月21日に目標達成となった。

「Story of Lost Artifact」シーズン7の開始

6月末に、副管理人さんより以下の記事を投稿していただいた。

結果的に、GMの体調不良のため、シーズン7への移行はシーズン6からの「一切の変更点なし」という形で行われた(7月5日)。シーズン7の限定称号は、シーズン8にて後から追加される見込みとなっている。

日付を遡ること6月6日、シーズン6開始のメンテナンスのタイミングで、副管理人さんによる「SoLA」運営メンバーへのインタビューを掲載。この中で「『SoLA』と『Rの手記』のコラボ」を提案したところ、アーティファクトとして「Rの手記」が実装に!★2アーティファクトとしてギルドショップで購入可能。効果は「装備していると、戦闘開始前にロールによるステータス補正が強化されます。」とのこと。

「言の葉の樹の下で」2期の制作は中止

開発中止のお知らせ。GMの身体を心配するリプライがたくさん。

7月3日、GM symalisさんより「言の葉の樹の下で」(コトシタ)2期の開発を中止する旨のツイート。

コトシタは毎週更新の「討伐戦」「大乱戦」と、参加者が作成した物語を任意のタイミングで楽しむ「物語戦」等で構成される、定期更新+AP制、メンバー連れ出し型のゲームで、2017年~2019年(ストーリーは2018年に更新終了)の間、1期が運営されていた。

「流転のグリマルシェ」2.5周年

グリマルシェ大陸での冒険も間もなく2周年を迎える。

スマートフォン向けアプリゲーム「流転のグリマルシェ」が2.5周年を迎え、7月15日のメンテナンス明けから記念イベントを開始した。「グリマルシェ」はオリジナルキャラクターのイラストをアップロードすることができ、シナリオに合わせて他のプレイヤーのキャラクターからメンバーを3人まで呼び出すことができるAP制ゲーム。

流転のグリマルシェ タイトル画像 © atStage Inc.

上記はゲーム公開直後に執筆した記事だが、当時から比べると、ゲームコンセプトはそのままに、交流機能はだいぶ強化され、ストーリーにおけるスチルの演出も取り入れられるようになった。

これからの新規登録でも、強い先輩キャラクターたちを呼び出して(フォローしていなくても「おすすめ」機能もあり)、さくさくとシナリオを進めることができるだろう。