制作者に聞いてみた -トバトバ-

■これからどうなっていくのか

──「トバトバ」のこれからについて、特に「大トバトバ」がこれからどうなるか、というイメージなどはありますか?

ちゃうねん:そうです、まずは「大トバトバ」ですね!8月に10日間だけの短期「トバトバ」である『大トバトバ』を開催します!後は全部未定です。「大トバトバ」の内容含めて。

あとコラボしたいんですよね。コラボ。コラボって勝手にしちゃだめなんですかね?僕が怒られるだけで済むならやってみたい。

特に「七海」とコラボしたいです。完結したゲームとコラボしたらむちゃくちゃ面白いので。

七海:正式名称は「Seven Seas」、2018年12月2日に更新が終了した、海と遺跡が舞台の定期更新型ゲーム。現在はリンク先も閉鎖しているが、次回作を待ち焦がれている人も多い。
▼Seven Seas 跡地
http://www.sssloxia.jp/

Seven Seas関連サイトリンク集

やりたいことがあるんですよ。
「拡散チェーンジェム」って特殊アクションを購入したら、ベットするたびに「○○さんが4番にベットしました!拡散!123にも同額ベットされました!」ってログが出るようにしたいんです。当然お金はちゃんと4倍減ります。絶対面白いですよ。

拡散チェーンジェムの効果は、威力を半減し、効果を全体化するというものだ。

──内容すら未定なんですね。2日で作り上げられるのなら、内容もおそらく、作れるんだろうなぁ……
完結したゲームとのコラボは無理があると思いますが……現行の定期ゲとのコラボなら、もしかしたら出来るのかもしれませんね。

ちゃうねん:あ、そうだ、ここで告知させてください。「トバトバ」はコラボフリー、パロディフリー、パクリフリーです。事前告知とか一切いらないので、自由にやってください。

■「トバトバ」の楽しかった所を聞きたいね

──「トバトバ」を運営して、楽しかった所はありますか?

ちゃうねん:すっごいたくさんあるけど、全部話すわけにも行けないのでいっこだけ。

「トバトバ」を公開してから長い時間が経って、直接僕に「『トバトバ』を終わらせてくれないか」って言ってきた人がいたんですよ。

「トバトバ」はギャンブルなので、少人数だとゲームになりません。
ババ抜きとかと一緒で、人がいないとゲームが成立しないんです。
そのころの「トバトバ」は人が減っていて『ババ抜きを2人でやってる状態』に近くて、ほとんどゲームになってませんでした。

だから僕は「プレイヤーが飽きて、誰も更新ボタンを押さなくなったら実質終わり。特に手を下す予定はない」って言ったんです。

でもその人は「楽しかったからこそ、きちんとした終わりが欲しい」って言ってくれたんです。

「トバトバ」に「閉鎖ボタン」が生まれたのはそういった経緯があります。
僕はもともと終わらせることなんて考えてなかったので、プレイヤーに終わらせてもらうことにしました。

一瞬で「閉鎖ボタン」が押された、とは聞いたことがある。
終わらせるボタン。
見られた人はごく少数ではないだろうか?

ちゃうねん:ちなみに閉鎖ボタンが画面に現れた時にはそれなりに人がいましたが、実際にボタンを押したのは「終わりが欲しい」と言ってくれたプレイヤーです。よかったなーって思います。

──しっかりとしたロールの場として、終わりを用意して欲しいという願いがそこにはあったんですね。そして、それを叶えた、という。閉鎖ボタンは速攻で押されたと聞いていますが、それを押したのが希望した本人だというのは初めて聞きましたね。

■「トバトバ」の辛かった所も聞きたいね

──逆に辛かった所はありますか?

ちゃうねん:持ち上げられてばっかりなことです。なんでなんですか?「トバトバ」ですよ?絶対正気に戻ったほうがいいです。

「トバトバ」は基本的に「品性下劣で品質最悪、しょーもないミニゲームである」ということをちゃんと理解してもらいたいと思っています。

自慢とかじゃなくて、ハードルばっかり上がっていくのを感じるんですよ。「トバトバ」の良いところだけ、面白いところだけを見ないでください。

あれとかあれがTwitterで叩かれて「トバトバ」が叩かれない世界は是正すべきです。
↑必要に応じてカットしてください。

──期待値が上がっていることは確かにあるかもしれません。一度綺麗な終わり方を迎えた作品として記憶に残ってしまった以上、次の作品も楽しみになるのは当然な結果だと思いますから。